【特集】果たして幽霊は存在するのか?なぜ人々は幽霊を追い続けるのだろうか?【後編】

「心霊現象」の基準とは?

幽霊などを科学的にを判断する難点として挙げられるのは、ほとんどどんな現象でも、多少奇怪であれば霊的現象と解釈される点です。例えば、突然ドアが閉まったり、鍵の紛失や、廊下での寒気や、霊らしきモノを目撃したなど、個人の認識によりで大きく変わってきます。

2016年の社会学者のデニス(Dennis)と ミシェル・ワスクル(Michele Waskul)による著書「霊との遭遇:日常に潜む幽霊たち(Ghostly Encounters: The Hauntings of Everyday Life)[テンプル大学出版]」では、下記の様にあります。

「心霊現象についてインタビューをした際、インタビューを受けた多くは従来のイメージの「幽霊」を遭遇したわけでも目撃したわけでもないので、彼らは幽霊の存在には依然懐疑的なままでした。しかし彼らは、言葉じゃ表せない、奇妙で気味の悪い不思議な経験をしたと口を合わせて言っています。」

そのため、心霊現象を経験した方々は必ずしも、人型幽霊の様なわかりやすいモノを目撃したとは言いません。心霊現象の経験者はどの方も異なる経験をしています。唯一の関連する点としては、どれも説明が容易ではないと言う点のみです。。。

個人の心霊体験と科学的な証拠は別物です。

心霊現象を調査する上で困難なのは、普遍的な定義での「幽霊」が無い事です。対極的な例として、「幽霊とは、何らかの理由であの世に行けずで現世に残ってしまった死者の魂」という人もいれば、「幽霊とは私たちの心の投影でありテレパシーな存在」と主張する人もいます。

また、様々な心霊現象・幽霊に対して、「ポルターガイスト現象」、「土地や建物に取り付いた霊」、「知性を持った霊(コミュニケーション能力が備わっている)」、「黒い影」など分類分けをする人もいます。日本でも「守護霊」、「浮遊霊」、「地縛霊」、「動物霊」、「憑依霊」、「悪霊」、「怨霊」など細かく分けられています。

しかし世界的に考えて、これは妖精やドラゴンの種類を分ける様なもので、その人の考え方によって増えたり減ったり大きく左右される、ある意味、完全に自由な分類分けとも考えられます。

科学や物理で「幽霊」を捉える

「幽霊」とは個人の考え方捉え方により大きく異なるので、多くの矛盾があります。

例えば、
・幽霊とは物質なのか否か?
・幽霊は物質を完全にすり抜けられるのか?
・もしくはドアを閉めたり物を投げたりできるのか?

など。

物理法則と論理で捉えると、幽霊が存在するならば、どちらか一方の性質でなければなりません。

例えば、幽霊の正体が「人間の魂」と仮定したとします。何故彼らは「魂の宿っていない」服や帽子などを身にまとっているのか?また、幽霊列車や車、馬車など、霊と共に現れる物質は一体何なのか?といった矛盾が生じ、これらは論理的に説明できません。

人によっては幽霊と意思疎通が図れてると言っていますが、それが本当ならば何故未解決殺人事件が未だにあるのでしょうか?

幽霊の正体が無念無残に殺害された方だとして、もしも仮にそれが貴方だとし、幽霊としてアクション(意思疎通など)を起こせるならば、警察に合図を送り犯人を特定できる様にするのが普通であり、現代人の思考ではないでしょうか。この様にどんな心霊現象でもそれを論理的に考えると矛盾が生じ、考え出したら疑問は尽きません。

100年経っても証拠がない現実

ゴーストハンターが様々な対幽霊ツールを装備していると前回はお伝えしましたが、時には霊能力者などの、ある意味では、科学的根拠のない手段で幽霊と接触を測ろうとするケースもあります。彼らは高度な探知機を扱うため、自身は科学的であると基本的に主張しますが、残念なことに、どの探知機もこれまで幽霊を証明できる証拠に検出した例はないです。

かつては火が青くなったら幽霊がいると言われたりしましたが、今ではほとん信じられていません。これと同様に、幽霊のサインとしてゴーストハンターが考えている事も、将来科学技術が発展して、「昔の人の誤解」として時代錯誤な古い考え方とみなされる時が来るかもしれませんね。

一部の研究者は、人類の科学技術がまだ幽霊・霊界を検出できるレベルに至っていないため、存在を証明できていないと主張している方もいます。

しかし、これもまた正しいとは言えませんね。

物理の世界では、物質が存在するかしないかのどちらかしかありません。
幽霊が存在し現れる(写真、フィルム、ビデオ、音声などに検出・記録ができるかどうか)か否かなのです。

幽霊が存在し科学的に検出し記録が取れるならば、既にその確固たる証拠を見つけてるはずですが、未だに見つかっていません。また、仮に幽霊が存在したとしても、科学的に検出や記録ができなければ、これまで心霊写真、心霊動画、幽霊の音声と言われてきたものも、科学的物理的証拠が不足している現時点では「幽霊の証拠」とは断定できかねます。

心霊現象をサポートする科学的物理的根拠はほぼなく、また心霊現象は矛盾点が非常に多いです。何年もの間数え切れないほどのゴーストハンティングがテレビ、Youtube等で行われてきましたが、決定的な証拠になるものは1つも上がっていません。

また、スマートフォンの写真加工技術が大幅に進んでいるので、俗にいう「心霊写真」は今や誰でも簡単にアプリで作成が可能になりました。仮に本物があったとしても、研究者にとって本物と偽物を区別するのは極めて困難です。

心霊体験とそれを否定する自然の理

幽霊を信じるほとんどの人は、何らかの形で心霊現象を信じる体験・具体的な理由があります。

例えば、彼らは心霊スポットで身の毛もよだつ心霊体験をしていたり、幽霊の存在が当たり前の家庭で育ったり、または霊が見える体質であるなど、様々です。

現代で幽霊の存在を裏付けるためには、現代物理学に劣らずハードサイエンス(通常自然学)でも可能と言われています。

熱力学の第一法則に基づいて、アルバート・アインシュタインは幽霊の存在を科学的に裏付ける根拠を次の様に提案したと言われています。

「もしエネルギーは生み出されるものではなく、また壊されず、ただ形を変えることしかできないならば、人が死んだら、その人のエネルギーにはどうなるのか?それのエネルギーが幽霊として現れているかもしれませんね。」

物理的に深く掘り下げなければ、一見、合理的でそんな気にさせてくれる仮説ではあります。しかし、それは誤った仮説であり、その理由はとてもシンプルで決して不思議なものではありません。

人が死んだ後、その体内に残っているエネルギーは、他の生物同様に環境へと流れていきます。

エネルギーは熱という形で周囲へ放出され、肉体は野生動物、ミミズ、バクテリアなどの生き物に食べられ、また植物に吸収されます。なので、死後に残っているエネルギーというものが、一般的な「幽霊探知機」やそれらの機器によって探知されることはありません。

アマチュアゴーストハンターの方々は、最先端の技術を駆使している「ゴーストハンター」と思いたがりますが、場合によっては、スピリチュアル的な儀式を行ってたりします。民族学者が言うところの「オステンション(Ostention)」や「レジェンド・トリップ(Legend Tripping)」などで、これらは超自然的、心霊的要素を含んでいる伝説・言い伝えを実際に再現しようとすることです。

民俗学者のビル・エリスは「Aliens, Ghosts, and Cults: Legends We Live」(2003年ミシシッピ大学出版の著書)で次の様に指摘しています。

「超自然的な存在を突き止めるためゴーストハンターたちは真剣であるが、終始意図的にドラマチックな感覚に陥り、安全地帯へ戻っていく。ゴーストハンター活動の意味は「エンターテイメント」ではありません。それは「現実」と「あの世」の境界線に挑み、定義するための真摯な努力である。」

もし幽霊が存在しそれが未確認エネルギーならば、その存在は将来、他の科学的な発見の様に科学者の実験を元に証明されるでしょう。それは決して暇な週末の夜、心霊スポット行っていた「ゴーストハンター」に発見されるような簡単なものではないはずです。

まとめ

最後に、数え切れない心霊写真や心霊映像が常にアップロードされたり紹介されていますが、決定的な証拠がない点で考えると、今も100年前も特に何も変わっていないと言えますね。

ゴーストハンターが良い証拠を見つけられないのには2つの可能性があるます。

1つ目は、そもそも幽霊は存在せず、報告される心霊現象はどれも心理学で説明ができたり、誤った解釈や嘘。

2つ目は、幽霊は存在するが、ゴーストハンターが十分な科学機器を持ち合わせていなかったり、証拠を発見するために必要な精神状態ではないなども考えられます。

結局のところ、ゴーストハンティングは証拠を探す事が全てとは言えません。もしも証拠が全てだったら、きっとゴーストハンティングは誰もしなくなっていますよね。しかし、「ゴーストハンティング」は違う娯楽の形となり、友達と楽しんだり、その話をしたり、未知の存在を探しているっていうスタイルのワクワクさせてくれる楽しみとなっています。そして、実際みんなユニークで良い幽霊の話が好きだったりします。

真面目な人が本気で霊が見えるとか言うから不思議だよね。因みに僕は、そう言う未知の存在が好きなので、信じたい派です!

【参照・画像引用元】ありがとうございます!
▪️https://www.livescience.com/26697-are-ghosts-real.html

▪️https://www.nikkei.com/article/DGXBZO64500010U3A221C1000000/

▪️https://www.pinterest.ca/pin/201465783304271793/

▪️https://www.higgypop.com/news/did-einstein-give-scientific-proof-that-ghosts-exist/

▪️https://kids.frontiersin.org/articles/10.3389/frym.2018.00013




シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする

Click to Translate