マレーシア カード情報漏洩 Shopee?!

5年前にニューヨークでクレジットカードを盗まれて悪用された経験から、カードの盗難、情報漏洩などにはより一層気を張って気軽に利用はしてこなかったつもりだったのですが、マレーシアにてまた被害にあってしまいました(Victimized)。。。

今回はカードが盗まれたわけではなく、、情報漏洩により謎の海外サイト(Chattertune.com)から完全に身に覚えのない支払いが発生していました。RM106.66(25USD)の請求が2回。(合計約50USD)
This time my card was not stolen, but from non-familiar website I have been charged twice.

金額がギリギリ許容範囲ではあるものの、利用もしていないサイトから請求されているのは非常に不愉快で気味が悪いです。

私はChattertune.comへ問い合わせをしましたが、登録メールアドレスがないと何も調べられないとサイトスタッフに回答されてしまいました。御社より不正な支払いがされていると被害を伝えてもサイトは何もしていただけませんでした。そもそも、サイトの感じとチャット対応からしてサービスの存在すら怪しかったです。

というわけで、サイトは一切助けてくれないので至急銀行(Standard chartered)に電話(03-7711-8888)をしてカードを止めてもらって翌日銀行に行って新しいカードを貰ってきました。

https://www.sc.com/my/bank-with-us/inperson-phone/

被害額は約50ドルでこれが返金されるかに関しては、銀行側で調査をし最大113日以内に結果が分かるそうです。

また、銀行より警察にも被害届を提出したほうが良いと言われましたが、ただいま労働VISAを延長している段階で、手続きが遅れているためパスポートのVISAの有効期限が切れています。あまり良い噂がない警察なので、とてもVISAについて複雑な説明をして、その上で被害届を出す気にはなれず、警察にはVISAが更新されてから行くつもりです。VISAが正式に延長されパスポート上確認が取れるようになったら改めて行くつもりです。

Standard chartered は24時間対応カードを止めれるカスタマーサポートがあります。カードを止めることはできますが、そのほかの対応やカードの詳細については9時から17時の間に電話するしかありません。

漏洩元についてですが、どこから漏洩しているか確証はないため、断定はできないのですが、Noey(マレーシア人)に聞いたところ、支払いが発生した日に利用したShopeeが極めて怪しいとのことです。どうやらShopeeでは似たようなことがこれまでにあったそうです。

偽物の販売や支払っても発送されなそうな商品だったり、あまり販売者のフィルタリングがされていない印象はありました。安いし便利なんですが、セキュリティー面でも弱いとなると、私は今後は使えないですね。

Lazadaはそういう話は今の所ないらしいです。。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする

Click to Translate